ヘアカラー パーマ 女性 薄毛

女性向け!!薄毛対策i

ヘアカラーやパーマなど

加齢による薄毛のページでも触れましたが、
女性の薄毛は男性の薄毛とはメカニズムに大きな違いがあります。

男性の場合は頭頂部の髪がまったくなくなってしまい、
まさに毛が無い状態になってしまうこともありますが、
女性の場合はそういう薄毛になることはほぼ無いといっていいでしょう。

加齢による薄毛に加えて、女性の場合はヘアカラーやパーマなど、
髪に対して決してよいとは言えない刺激
を多く与えてしまっているケースが多く、
そういった髪に対するダメージももちろん、薄毛にはよくない影響を与えてしまっています。

以前よりも改善されてきてはいるが・・・

しかし、ここ最近ではヘアカラーやパーマなどに使用される薬剤も、
以前とくらべれば、かなり改善されてきていて、
より刺激やダメージの少ないものが使われるようになってはきています。

加えてトリートメントなども、効果の高いものが多くなってきているので、
こういった施術をした後でも、髪の痛みをそれほど感じることが少なくなってきています。

とはいえ、実際にはやはりヘアカラーやパーマをしないよりは、
少なからず影響があるのが現状です。

白髪染めについて

また、最近では白髪染めも髪に刺激の少ないものが多く販売されるようになりました。
しかし、すこし前までは白髪染めもヘアカラーと同等といっていいくらい、
髪にダメージを与えてしまうものがほとんどといってよい状態でした。

今現在、白髪染めを必要とする世代、40代~50代の方はについては、
そういったダメージの強い白髪染めを使う機会はそれほどなかったかと思います。
現在60代~70代の方々の世代ですと、30代~40代のころに使った白髪染めが
薄毛に影響を与えてしまったという方も少なくないはずです。

それでも必要な髪のおしゃれ

女性であれば、いくつになっても髪のおしゃれは楽しみたいもの。
ヘアカラーやパーマ、白髪染めなど、髪にダメージを与える可能性の高いものも、
近頃では比較的ダメージの少ないものが提供されるようになっています。

薄毛が気になるという方はそういった、ダメージの少ない髪のおしゃれを選んで楽しむ
ようにすることで、薄毛への影響を抑えることができるはずです。